幼児教育は遊びから培われる?

遊びがもたらす幼児教育について

幼児期に求められる教育とは

幼児期とは、概ね満1歳から小学校入学までの時期を指します。
この時期、子供達の脳は生涯1度きりの「臨界期」という、一生のうち最も発達する状態を迎えています。
大体6歳くらいまでに大人の脳の90%にまで脳が発達し、まるで乾いた砂が水を吸い込むがごとく経験や知識を吸収し、将来につながる可能性の芽を生み出す時期です。

子供たちはこの時期、日々の生活の中から刺激を受けて「情緒」や「知識」を習得していきます。
具体的に言えば、「電気のスイッチに手を伸ばしてみたけど届かなくて悔しい」ですとか「スイッチを触ってみたら照明が点滅して面白い」「お母さんが自分を見て笑うと安心する」といったことです。電気のスイッチやお母さんの笑顔という外的な刺激から様々な知識や感覚、感情を経験することができ、そうした刺激が子供の脳をすごい勢いで発達させていきます。

多くの場合、この時期の子供たちは受け身で、親や周囲の大人から愛情や教育を注いでもらっており、テストの成績やスポーツのコンクールなど表立って成果が発揮されることはありません。
ただ、受け取った刺激は彼らの内面、脳裏にしっかりと蓄えられています。
この時期の経験の蓄積が、大人になってからの行動を決定づけたり、思わぬ事態に陥った時のとっさの判断につながるのです。
幼児期とは、人間の一生の中で脳が最も発達する時期、そして、この時期に受けた刺激(経験)がその子の人間性に大きな影響を与える時期です。

おすすめリンク

名古屋でおすすめの幼児教室

お子さんを幼児教室に通わせようと思っている方!名古屋でおすすめの教室をピックアップしてみました。

幼児期とはどのような時期か

生涯1度きりの幼少期。小学校入学までにすべき「教育」とはどのようなことを指すのでしょうか。 また、その教育環境を整えるために周囲の大人はどのようなサポートをすべきなのでしょうか。 幼児教育とは子供にどのような環境を用意することなのか、こちらで紹介します。

「遊び」は幼児教育にどのように作用するのか

各種教育理論や幼児教育の現場で言われている「遊びを通じた学び」「幼児教育と遊び」とはどんな事なのでしょう。 様々な経験・刺激を幼児期の脳に与えるために「遊び」はどのような効果をもたらすのでしょうか。 子供の脳と遊びの関係について考えていきましょう。

質の高い教育のために大人ができる事は

「幼児期」「教育」「遊び」について記述してきましたが、子供により良い経験をさせるために私たち大人ができる事、気をつけるべきことはどんなことでしょう。 プロではない、ごく身近な大人たちが大切な子供の未来のためにできることについて考えてみました。